×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正しい歯磨きの仕方

正しい歯磨きの仕方
人間が歯を失う最大の原因は歯周病と虫歯と言われています。
この2つの原因は毎日の正しい歯磨き(プラークコントロール)によるケアで予防できるものです。

正しい歯磨きをマスターし、多くの歯を残しましょう!

歯磨きの基本
@1本1本の歯を確実に磨く。奥歯の裏側をみがく際は、歯ブラシを斜めに45度程傾けると届きやすくなります。

A歯ブラシの毛先部分を歯と歯肉の境目に直角(90度)に軽くあて、力を入れすぎずに小刻みに軽く振動させるように磨く(力を入れて磨くと歯ブラシの先が開い てしまい逆にきちんと磨けない)。

B横だけでなく上下にも歯ブラシを動かし上下左右、グルグル回すように磨く

C毛先が開いた歯ブラシでは歯磨きの効果が激減するので早めに交換する(通常は一ヶ月程度)

歯垢がたまりやすい箇所
歯の根元、歯と歯の間、歯の裏側は歯垢がたまりやすいと言われます。
歯の根元は境目に歯ブラシをあてて回転させながらかき出すようにみがくと効果的です。

歯と歯の間を磨く際はデンタルフロスや歯間ブラシが効果的です。
歯の裏側は磨きにくいですが、歯垢が非常にたまりやすいので基本の一本一本を入念に磨きましょう。

個人的な感覚ですが、歯磨き粉は泡立ちを抑えたものが時間をかけてじっくり磨くことができるのでお勧めです。
泡立ちが良いものは口の中がすぐに泡でいっぱいになるため、じっくり集中して磨くことができず、歯垢が残ってしまいます。


トピック

スポンサードリンク

Copyright © 20011歯石除去の費用 All rights reserved.
- テンプレートマジック -